FC2ブログ

蝶の写真 檜原都民の森のフジミドリシジミ

昨日は都民の森でゼフ狙い。
三頭山山頂まで登る元気はないのでブナの路コースで他のおじさんたちと待機。
日の光が差し込むとフジミドリシジミが姿を現しました。

ただ、2頭同時に現れひたすらに卍飛翔。
頑張って追いかけて連写しますがピントが微塵も合いませんでした・・・
AFだと背景にピントが合うしMFだと間に合わない!
飛翔もうまく撮れる練習します・・・

比較的マシだったのを厳選。
それでもダメダメだけど。

フジミドリシジミ
(2020/6/27 東京都西多摩郡檜原村 東京都檜原都民の森 ブナの路コース)

フジミドリシジミ
(2020/6/27 東京都西多摩郡檜原村 東京都檜原都民の森 ブナの路コース)

フジミドリシジミ
(2020/6/27 東京都西多摩郡檜原村 東京都檜原都民の森 ブナの路コース)

その後テリ張りも一頭だけ撮れましたが、こちらもうまく光って撮れず。
葉っぱに日光が当たっているせいか全体的に白飛びした写真ばかりでした。
あの美しい青緑を写真で表現したい・・・
カメラに詳しい人と一緒に教えてもらいながら撮りたいね。

フジミドリシジミ
(2020/6/27 東京都西多摩郡檜原村 東京都檜原都民の森 ブナの路コース)

その他の蝶はミスジチョウのみ撮影。
ボロボロ~

ミスジチョウ
(2020/6/27 東京都西多摩郡檜原村 東京都檜原都民の森 三頭大滝)

モンシロチョウはたくさんいました。
基本的には曇っていたのでアイノやメスアカは姿を見せず・・・。
今年はゼフが全然満足いく感じで撮れてない。悲しみ。
今日は雨なので来週チャレンジだチャレンジ!

そんじゃまたー。
スポンサーサイト



蝶の写真 陣馬山のオオミドリシジミもしくはハヤシミドリシジミ

県外移動が解禁されたので陣馬山にゼフ探しに行ってきました。
お目当てはウルトラマリン、ハヤシミドリシジミ。
あとはウスイロオナガシジミとウラミスジシジミもあわよくば・・・。

和田峠に一番乗りし山頂に登り、カシワの木周辺を探索。
早速ゼフが顔を出しました。
比較的低いところにとまったので撮影チャンス。
色が淡いのでオオミドリシジミかな?

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

別のカシワの木では先ほどの個体とは明らかに色鮮やかに煌めくゼフ。
翅を全開にしてくれたので撮影。
ただキラキラすぎてなかなか明るさの調整ができず四苦八苦、なんとか撮影。
ハヤシミドリシジミだといいなぁ。

ハヤシミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

ただ先ほどの個体、裏を見るとオオミドリシジミにも見えるような・・・。
比較的色鮮やかなオオミドリシジミだったのかも。
正直細かな区別はできません、綺麗なら何でもいいんだよ!

ハヤシミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

その後も様々なカシワをチェックしますがどうもオオミドリシジミばかりのようです。
オオミドリシジミは山に登らなくても撮れるのに・・・。
ハヤシミドリシジミは夕方まで待ったほうがいいかもしれませんね。

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

いつになくどアップも撮ることができました。

オオミドリシジミ
(2020/6/20 神奈川県相模原市緑区 陣馬山山頂)

ウラミスジシジミとウスイロオナガシジミには会うことができず。
まぁそう簡単には出会えませんよね。
その他キアゲハ、ツマグロヒョウモン、ダイミョウセセリ、カラスアゲハ等はたくさんいました。
キアシドクガも・・・

明日は曇りっぽいのでどうしようかな。
そんじゃまたー。

蝶の写真 オオミドリシジミとミドリシジミとウラナミアカシジミ

コロナの自粛期間が続いてますね。
ゼフィルスの季節なので蝶を撮りに遠征したいですが止む無く県内縛り。
よく行く陣馬山も一応半分神奈川ですが東京経由しないと行けないので・・・

先週は毎年恒例の湘南平でオオミドリシジミ。
駐車場が閉まっているので駅から歩いて行きました・・・割と歩いた・・・
時期が早いのか少なめでしたがそれでも何頭か見られました。
一番開翅してくれたのはこの個体。

オオミドリシジミ
(2020/5/30 平塚市万田 湘南平・高麗山公園)

ただ全体的に位置が高く、思うような写真は撮れず。
それでも淡い青緑の綺麗な翅を見ることができました。

オオミドリシジミ
(2020/5/30 平塚市万田 湘南平・高麗山公園)

オオミドリシジミ
(2020/5/30 平塚市万田 湘南平・高麗山公園)

オオミドリシジミ
(2020/5/30 平塚市万田 湘南平・高麗山公園)

オオミドリシジミは山でも割と会えるからリベンジ期待。
というか早くコロナ終息してくれー・・・。

今日は久しぶりにただのミドリシジミ探し。
朝からハンノキ付近を探しますがなかなか出会えず。
目を凝らして下草を探してようやく近くに発見しました。

ミドリシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

少し翅を広げ始め、これは開翅が撮れるかとじっと待っていると・・・

ミドリシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

開いたー!けど向きが変わってしまったー!!
残念ながら緑に輝く方向では撮れませんでした・・・。

ミドリシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

辺りを更に探すともう一頭発見。

ミドリシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

こちらはメスのようでした。

ミドリシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

ウラナミアカシジミもいました。
ちょっと遠いですが。
普通のアカシジミは時期的にはもう若干スレ気味かな?

ウラナミアカシジミ
(2020/6/6 川崎市多摩区枡形 生田緑地)

明日も近場で蝶探ししようかな。
そんじゃまたー。

蝶の写真 木下沢林道のコツバメ

本日は春の蝶を探しに木下沢林道へ。
例年だと梅林が開いているんですがコロナの影響で中止に。
おかげで車は少なかったけど梅林って屋外だしそんなに集団感染するのかな・・・

少し歩いてみると昨年の台風の影響で道はボロボロ。
一部がっつりえぐられてたり大きい岩石が道にかかってたり。
景信山への登山口もテープ引いてあったな。
今後工事が入ったりもするだろうしあんまり行かないほうがいいかもな。

テングチョウがやたらと多かったですがスルーして他の蝶探し。
色が違う蝶がいるなと思ったら越冬したムラサキシジミがいました。

ムラサキシジミ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

ルリシジミとスギタニルリシジミもちらほら飛んでました。
写真はスギタニルリシジミかな?
正直未だに見分けられません。

スギタニルリシジミ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

今日の目的はトラフシジミだったんですがまだちょっと早かった様子。
その代わり、コツバメがたくさん飛んでました。
ここまでたくさんのコツバメを見たのは初めてかもしれない。
日光を浴びるために結構大人しくしてくれたので遠慮なく撮影。

コツバメ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

コツバメ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

コツバメ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

春の蝶は寒さ対策のためなのか毛がもふもふしてて可愛いですね。
裏翅は地味ですが表の青も綺麗、止まってるとき翅を広げないので撮れないけど。

その他、キチョウとか越冬したタテハの仲間も多数見られました。
写真はアカタテハとルリタテハ。

アカタテハ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

ルリタテハ
(2020/3/22 東京都裏高尾町 木下沢林道)

そんじゃまたー。

蝶の写真 2020初蝶のテングチョウと石砂山のギフチョウ

お久しぶりです。
しばらくブログ更新をサボってましたが、蝶のシーズンになったので再開します。
蝶以外の記事も時々気が向いたらアップしますのでよろしくお願いします。

さて、今年は比較的暖かく、3月頭には蝶の目撃情報がちらほら。
自分も日曜日に近所の公園で蝶探し。
が、この日は風も強くそこそこの寒さでなかなか出会えず。
ようやく会えた2020初の蝶はテングチョウでした。

テングチョウ
(2020/3/15 川崎市宮前区神木本町 東高根森林公園)

枯れ葉の中でよく見つけられたなと自分でも思います。
あとは木の上の撮影できないところにウラギンシジミがいました。

そして本日、会社の休みを利用して石砂山に行ってきました。
目的はもちろん春の訪れを告げる蝶、ギフチョウです。
例年よりさらに時期が早いので出てくるか若干不安でしたが・・・
登山中に一頭、山頂に一頭の計二頭と出会うことができました。
山頂で先客のおじさんたちと撮影タイム。

ギフチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

ただ、風が強く一か所に留まらないのでなかなか思うように写真が撮れません。
結構な時間粘ったのち地面に止まったところを撮影。

ギフチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

スミレで吸蜜しているところも撮影できました。
風でふらふらしてるので綺麗にピントが合っていないですが。
花と一緒のほうが多少は絵になるかな。

ギフチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

ギフチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

↓の写真は少し遠かったのでトリミングしました。

ギフチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

ヒオドシチョウは超接近を許してくれるなどサービス精神旺盛でした。
他のおじさんたちは飛び立つ瞬間を撮ろうと試行錯誤してました。
モフモフ。

ヒオドシチョウ
(2020/3/18 相模原市緑区牧野 石砂山)

山頂ではこの他ミヤマセセリ、ふもとではルリタテハやテングチョウが飛んでました。
いつも見てるのでわざわざ撮りませんが、ミヤマセセリくらいは撮っておいてもよかったかも。

今年も新たな蝶との出会いを目指して色んなフィールドに行こうと思います。
夏は山梨とか長野のほうに遠征しようかなー。
そんじゃまたー。

蝶の写真 シンガポール蝶撮影旅行⑥ セントーサ島バタフライパークのアオネアゲハ等

蝶の写真。
セントーサ島にあるバタフライパーク・世界昆虫博物館に行ってきました。
なかなか南国特有のアゲハを撮影できていなかったので。
インターネット上の評判はイマイチだったのですが・・・
チャンギ空港とは違った種類の蝶がたくさん見られて個人的には大満足です。

一番目を引いたのはアオネアゲハ?
青緑はカラスアゲハに近いですが、色の配置が今まで見たことないですね。
このバタフライパークでは割と多かったです。

アオネアゲハ
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

なんか色味が違うのもいました。
これは同じアオネアゲハの個体差?別種?

アオネアゲハ
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

色はアオネアゲハに近いですが色の配置が違うのも。
流石にこれは別種でしょうが、残念ながら名前がわかりません。

?
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

ナガサキアゲハに近い蝶が多数金網で休んでいました。

ナガサキアゲハ?
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

ジャコウアゲハとかベニモンアゲハに近い仲間かな。

ベニモンアゲハ?
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

黒系以外ではオナシアゲハもいました。

オナシアゲハ
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

フルーツ置き場はオオゴマダラっぽい白い蝶だらけ。

オオゴマダラ
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

これは???

?
(2019/10/13 Singapore Sentosa Butterfly Park & Insect Kingdom)

蝶の他にもオオトカゲや鳥、カブトムシやクワガタ、多数の標本がありました。
時間が無かったので蝶以外は流し見でしたが、虫好きなら結構時間使えるかも。
ただネットの口コミだと蝶が少ない時期もあるみたいですね。

そんじゃまたー。

蝶の写真 シンガポール蝶撮影旅行⑤ ビューティーワールドのヘリグロホソチョウ等

翌日も蝶探し。
まずは昨日一番成果があったと思われるブキッ・ティマ(ブキティマ)自然保護区へ。
しかし朝だからなのか蝶の姿はほとんどなく・・・
辛うじて遠くにリュウキュウミスジを見かける程度でした。

リュウキュウミスジ
(2019/10/13 Singapore Bukit Timah Nature Reserve)

あとは離れたところに水色っぽいシジミチョウが見えました。
日曜日だからかかなり人の数が多かったです。

ビューティーワールド駅に戻る途中の空き地のほうが蝶がたくさんいました。
ここでもかなり小さなシジミチョウが。

シジミ?
(2019/10/13 Singapore Upper Bukit Timah Road)

見慣れないオレンジの小さい蝶がいたので追いかけて撮影。
ヘリグロホソチョウという、シンガポールの空き地に割と普通にいる蝶のようです。
そこまで飛ぶのが速くは無いですがなかなか止まらず、遠距離での撮影に。

ヘリグロホソチョウ
(2019/10/13 Singapore Upper Bukit Timah Road)

その後ラブラドール自然保護区に場所を移しましたが、いるのはイワサキタテハモドキばかり。
この日はなかなか開翅してくれませんでした。

イワサキタテハモドキ
(2019/10/13 Singapore Labrador Nature Reserve)

ムラサキジャノメ?表が紫色の蝶を発見しましたがこちらも開翅せず。

ムラサキジャノメ
(2019/10/13 Singapore Labrador Nature Reserve)

植物園に戻ってスジグロカバマダラを発見。
同じ花にずっと止まってくれたのでベストショットを撮影することができました。

スジグロカバマダラ
(2019/10/13 Singapore Botanic Garden)

タテハモドキも発見。

タテハモドキ
(2019/10/13 Singapore Botanic Garden)

思ったより成果が無かったため、ある場所に向かいます。
また次回。
そんじゃまたー。

蝶の写真 シンガポール蝶撮影旅行④ ブキッ・ティマ自然保護区のチャイロイチモンジ等

さらなる蝶を求めてブキッ・ティマ(ブキティマ)自然保護区へ。
こちらは大自然が広がっています。
163mのブキティマヒルはシンガポール最高峰。ビルに負けてる!
しかし最初から割と急な道なので割と息も絶え絶えでした。

登り始めのところではイワサキタテハモドキがテリ張りをしていました。

イワサキタテハモドキ
(2019/10/12 Singapore Bukit Timah Nature Reserve)

山頂に近づくと見たこともない大きな蝶が滑空していました。
道の真ん中に止まったところを撮影。
イナズマチョウの一種、サトオオイナズマのようです。
オスは後翅が明るい青色のようですが、メスは地味目。
それでも初見の嬉しさで何度も撮影してしまいました。

サトオオイナズマ
(2019/10/12 Singapore Bukit Timah Nature Reserve)

山頂もあまり眺めはよくなかったですがしばらく蝶探し。
見慣れたコミスジのような蝶が止まっていました。
コミスジはこんなに南にはいないようなのでリュウキュウミスジでしょうか。
ミスジの仲間も割と多いので判別に困ります。

リュウキュウミスジ
(2019/10/12 Singapore Bukit Timah Nature Reserve)

突如高いところから大きめの蝶が降りてきました。
イチモンジチョウの仲間のようですが色鮮やかで白線が綺麗です。
調べたところチャイロイチモンジという蝶のようです。
この日見た蝶の中で一番好き。
カメラを向けるとすぐ飛んでいきますが、この辺りが縄張りのようで何度もカメラ前に来てくれました。

チャイロイチモンジ
(2019/10/12 Singapore Bukit Timah Nature Reserve)

この後もまだ探したかったのですが突如雷雨に襲われ2日目はこれで終わり。
まだまだ続きます。

そんじゃまたー。

蝶の写真 シンガポール蝶撮影旅行③ シンガポール植物園(ボタニックガーデン)のウスキシロチョウ等

シンガポール蝶撮影旅行続き。
シンガポール植物園(ボタニック・ガーデン)に行ってみました。
こちらは東京ドーム13個分の巨大植物園。
散策するだけで半日潰れました。
ただ、天気があまりよくなく蝶の数は思ったより少なめ。
ここでもベニモンシロチョウが高いところにいましたが撮影できませんでした。

大きな黄緑っぽいキチョウが高速で飛んでいるので追いかけて撮影。
ウスキシロチョウでしょうか。

ウスキシロチョウ
(2019/10/12 Singapore Botanic Garden)

丸っこいキチョウの仲間がちらほらいたので撮影。
あんまり自信ないけどウスイロキチョウですかね。
キチョウっぽい蝶はたくさんいたのでもっとたくさん撮っておけばよかったかな。

ウスイロキチョウ
(2019/10/12 Singapore Botanic Garden)

カバマダラを発見。
南国のカバマダラは白っぽいですね。

カバマダラ
(2019/10/12 Singapore Botanic Garden)

セセリチョウがいましたが種類全然わかりません。

セセリの仲間
(2019/10/12 Singapore Botanic Garden)

蒸し蒸しした中を歩きすぎて疲れ気味ですがまだまだ続きます。
そんじゃまたー。

蝶の写真 シンガポール蝶撮影旅行② オーチャードロード・バタフライトレイルのツメアシフタオシジミ等

シンガポールの蝶の写真続き。
ここから和名の正解率が著しく下がると思いますのでご指摘あればお願いします。
海外の蝶は和名が全然わからない・・・w

2日目はオーチャード・ロードのバタフライトレイルの散歩からスタート。
オーチャード・ロードはショッピング街ですが、蝶を呼ぶために食草や花を植える活動をしているとのこと。
こちらの公式地図↓を頼りに早朝からお散歩してみました。

https://www.nss.org.sg/old/doc/nss_bto_map_jan2011.pdf

第一発見は特にそういう活動関係なさそうなススキ的なところ。
ヤマトシジミよりも更に小さい超小型のシジミチョウが。
小さいシジミといえば思い浮かぶのはホリイコシジミですが果たして。

ホリイコシジミ
(2019/10/12 Singapore Orchard Link)

イスタナパークの辺りではキチョウの仲間がたくさん飛び交っていました。
こちらは特に変哲もない日本でも見られるキチョウなのかな。
キタキチョウじゃなくてミナミキチョウ?
正直この写真だけでは同定は不可能な気が・・・

キチョウ
(2019/10/12 Singapore Istana Park)

ドビーゴート駅近くの花壇には大量に蝶が。
ただ、キチョウと小型のシジミチョウで元気に激しく飛び回り全然止まりません。
さらに朝日の日差しが強くすぐに見失ってしまいます。
やっとの思いで芝生に止まった蝶を一頭撮影。
ホリイコシジミとはまた違うような・・・?ヒメシルビアシジミかな?

ヒメシルビアシジミ
(2019/10/12 Singapore Dhoby Ghaut Green)

ペナンロード・オープンスペースではオレンジ色の蝶が木の上にたくさん。
看板にも記載があるウラベニヒョウモンでしょうか。
残念ながら一切降りてくる気配無し。
やむを得ず望遠マクロで遠くにいるのを無理やり撮影。

ウラベニヒョウモン
(2019/10/12 Singapore Penang Road Open Space)

同じ場所で見たことのないシジミチョウを発見!
バタフライトレイルで今まで見たシジミチョウとは明らかに違います。
調べたところツメアシフタオシジミのようです。
これは結構嬉しい出会いなのでは!!
ただ名前のように二対あるはずの尾状突起はボロボロでした(T_T)

ツメアシフタオシジミ
(2019/10/12 Singapore Penang Road Open Space)

草やら花やらを一番頑張っていたのはナッシム・ロードにあるポイント。
ただ草木が奥まっていて撮影にはあまり向いていない感じでした。
イワサキタテハモドキっぽい蝶が縄張りを張ってて他の蝶を追い払っていました。

イワサキタテハモドキ
(2019/10/12 Singapore Nassim Road Green)

ベニモンシロチョウを見かけたのですが写真に収めることはできませんでした・・・。
綺麗だったので残念。
都会なイメージのシンガポールですが、街中でも多くの蝶を見ることができました。

そんじゃまたー。
プロフィール

二階堂響輔(キョウ)

Author:二階堂響輔(キョウ)
札幌→川越→浜松→川崎
30歳、会社員です

ブログで語る可能性の高いもの↓
週刊少年ジャンプの全マンガの感想、ラーメン、蝶の写真、ブラウザ三国志、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(緒方智絵里)、プロ野球(西武ライオンズ)、ポケモン、マンガ、推理小説、旅行、サラリーマン生活、その他もろもろ

ツインテール・ファンクラブ
mixi
ニコニコ動画投稿マイリスト
LINEスタンプ販売中!!
Tシャツ販売中!!

にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村 漫画ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カウンター
広告
twitter
検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
RSSリンクの表示
FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ